タイトルは、のちほど

アラフィフの備忘録 妻(元美大生)失笑の手描きイラストを添えて

啓発録 橋本左内 (講談社学術文庫)

 

 本棚の本を処分していたら啓発録を見つけた。昔、会社の研修時に外部講師の方が勧めていたために購入したものである。懐かしく再度目を通した。

 

 啓発録は安政の大獄で若くして処刑された福井藩の天才、橋本左内が14歳の時に書いた自己を律する規範の文章である。現代語訳で数十ページなので直ぐに読むことが可能である。本書を購入せずともネットで全文が無料で落ちているのではないだろうか。

 

 学生のとき福井にいたこともあって(福井市足羽川の南に左内町ってのがあるよ。)、名前やその活動は知っていたが改めて凄い人なのである。啓発録?中学2年が書いた行動規範の宣言文など片腹痛いわ、などとゆめゆめ思ってはいけない。初めて読んだときワシは、えーーー!君ほんまに14歳か?34歳おっさんの間違えとちゃうのん、と思った。それほどまでに高尚で完成度の高い文章なのである。高尚すぎて多少ムカつくほどである。少なくとも中学校にこんなのがおったら必ず周りから浮く。

 

 ともに政治活動していた西郷隆盛が維新達成後、西南戦争で自刃する間際まで携帯していたのが、心酔していた島津斉彬や親友の大久保利通ではなく左内の書簡であったのはちょっと知られた話。左内が刑死してからなお20年ほども携帯してたって、よほど影響を受けたのだろう。20年もしたら普通記憶が薄れていくんだが。

 

 ともあれ14歳の左内君から生活指導をうけた感じの49歳ワシであった。

 

 

 

また年をとった

 

 最近、なにもやる気がしなくてブログ更新も、英語勉強もさぼりまくっていた。相変わらず暗いニュースしかないし、政府方針はグダグダだし、仕事は家でほんとにやる気の出ないつまらない調整作業ばっかりだし、メンタルも低調気味だ。睡眠は足りているはずなのに一日中何となく眠い。体の中から湧き上がるやる気というか、活力が希薄だ。生命体としては末期症状であると自認しつつ、しばらく休んでもいいかと思ったりしている。追い打ちをかけるようにまたひとつ年をとった。49歳、初老である。

 

 先日、実家に立ち寄った際に古いアルバムを5冊ほど廃棄のために引き取ってきた。35~50年近く前のものなので表紙はボロボロ、台紙は変色し粘着部はベタベタであった。処分のため一通りすべての写真を剥ぎ取り(多少破れてしまったものもあるが)、必要そうなものだけを空箱に残した。その中で面白いものがあった。幼少期に描いたアヒルのスケッチである。画力には定評があるが、当時からこれまでにどれだけ描写技術が向上したかを計測するために、同じような構図の絵を何も見ずに(ここがとても大事!)描いてみた。恥を忍んで白日の下に晒してみよう。

 

f:id:karesansui50:20210714121449p:plain

左図:3歳くらいの作、右図:49歳の作

 

 これが46年の時間を経た進化の様子である。ほとんど変わっていないことにお気づきだろうか。いやむしろアヒルはこうであらねばならないという要らぬ知識がある分、そして歪んだフィルターを通してアヒルという物体を認識している分、はっきり言って描写能力自体は劣化しているのかもしれん。右図をアヒルと主張すれば、何割かの人からは、そうは見えないというコメントを貰ってしまうかもしれぬ。生まれ持った才覚と相応の訓練を積まなければ人の能力というのは、誕生時から不変であり何ら向上しないということが今ここに証明できたことになる。

 

 やる気なく、だらけたままでは何も向上しない、今後も腐らずに精進していこうと思う(合掌)。

 

 

 

 

 

勉強の価値 森博嗣 (幻冬舎新書)

 

 森先生はもともと名古屋大学工学部の建築学科の先生であるが、アルバイトで始めた作家業が大ヒットしたため、ミステリー作家としての顔の方が有名になってしまった。もはや働く必要がないほどのヒットぶり(確か映画化もされたはず)であったので47歳で早々に大学勤務を引退、田舎を拠点に自由気ままに暮らしている。もっともごくたまに本を出されており、新刊を図書館で見かけたので読んでみた。

 

 氏の本でミステリーは全く読んだことはないが、これまで出版された随筆やエッセイの大半は目を通している。文章が論理的で発想や考え方がユニークなのだ。一番最初にはまったのは『臨機応答・変問自在(集英社新書)』であった。これは大学講義で学生からでた質問(毎回講義の最後に質問を書かせて提出させるらしい)に対する回答をQ&Aでまとめたものである。質問といっても講義に関するものは少なく、科学全般から人生相談にまで及ぶ。この回答が非常に面白く、こんな変な先生いるんかーと、一気に魅了されてしまった。

 

 今回のお題は『勉強の価値』ということでいろいろ見解を述べているが、最も共感できたのは次の内容だ。

 教育者、指導者が決して口にしないこと、それは人には個体差があるということ。勉強もスポーツも元々才能がある者にはいくら努力しても勝てない。でも、勝てない人は人間としてダメというわけでない。ひとはひと、自分は自分、みんな自分が好きなことをすればそれでよい。

 

 大学の教育者が、それを言っちゃーおしまい、なのであるがまあ悲しい真実だ。本書の中でご本人も、努力や勉強は嫌いで何とかして勉強せずに入れる学校や進路を選択しているうちに、気づくと大学の教員になっていたという。(遠回しであるが、そういう素質が先天的にあったということを言いたいのだと思う)はっきり言ってそんな人間相手に、努力で勝てる気がしない。まあ、勝ち負けという競争概念を持ち込んでいる時点で、氏からすればそんなのどうでもいいし、興味もなしということなんだろう。

 

 最近ワシも勝ち負けはどうでもよいという感覚になりつつあるのだが、所属している会社という場所が資本主義社会に於いては勝ち負けに拘らざるを得ない場所であるため、なかなか精神衛生上よくなく、バランス保持に疲れることが多い。さっさとこんな場所から引退するに限るなー。困ったことに先生のようなヒット作がワシにはない。。。(´;ω;`)ウッ…

 

f:id:karesansui50:20210717071930j:plain

天才君

 

 

 

妻の健康診断結果がオールAだった

 妻が会社で健康診断を受け、結果が最近返却された。見せてもらうとオールAの優等生であった。もともと痩せ体質なので痩せ気味による警告が以前まではでていたのだが、コロナであまり動かなくなって以来体重が微増傾向になり、今回のオールAの結果につながった。

 

 会社の健康診断では眼科検診項目が手薄(視力のみらしい)であるため、近所の眼科で緑内障検査(眼圧、眼底解析)を行うように勧めたところ、こちらも全く異常なしであった。スーパー健康人である。あとは金属アレルギーが少しあるようなので冬場にブリックチェックにでも行ってどの金属に反応するのか見てもらえば?と言っているくらいである。もっともアレルギーは体質に近いので検査して陽性物質が分かったところで根本的な治療法はないが。

 

 一方、ワシは相変わらず、月一回役所手続きのように漢方皮膚科へ通い、3か月に一回歯医者へ通い、今後は眼科にも数か月に一度精密検査のために通う羽目になりそうである。血液検査も毎年ひっかかっているしボロボロだ。

 

 最近は健康増進のため毎日寝る前にスクワットを課している。3日スクワットして1日休み、筋肉損傷の回復を行う。超回復というらしい。トレーニングの手法も科学的検証が進みずいぶんと変わってきた。日当たりのスクワット回数を次第に増やしていったところ100回くらいでは疲れなくなってきた。6月末の健康診断の日まで継続したい。

f:id:karesansui50:20210717071251j:plain

健康

 

 

 

緑内障検査の結果

 緑内障の治療をするために近所の眼科に病院を変え、精密検査を受けたのが今年3月。経過観察を言い渡され、3か月後のこの度、再度の視野検査を行った。

 

 この眼科は近所では評判なのか患者が凄く多い。視野検査は平日予約制なので月曜の午前10時に病院へ行ったところ既に20人くらいが診察待ちをしていた。患者の60%が爺婆で30%が小さい子供、残り10%がそれ以外といった構成である。爺婆は杖をついている方が大半で、小さい子供は母親同伴でベビーカーでやってくるので割と広い待合室ではあったが溢れんばかりの感じ、外に出された椅子に座っている人もいた。

 

 さて視野検査自体はすんなり15分程度で済んだ(もう検査慣れしているのだ)が、ここから診察までに1時間半ほど待たされた。長いー、長すぎる。

 

 そして検査結果は、、、、。まさかの異常なし、であった。前回の会社近くで検査した結果がたまたま不調だったかもしれないし、検査装置の機差も多少あるのかもしれないといわれた。視野検査は半ドーム状の装置に顔を入れ、ドームに出現する光の点が見えれば手元のボタンを押すという単純なものだ。光の点は輝度が高かったり低かったり、点が映る位置もランダムである。100点くらい測定してその結果をマッピングしていき、見える領域と見えない領域を図示するのである。検査後半は結構集中力が必要で、気を抜いた瞬間、薄い光の点が視界の外縁部に出現すると対応できない可能性があったりする。

 

 視野検査は異状なしであったが、眼底写真のPC解析では緑内障発症の一歩手前で限りなく怪しい状態であることには変わらない。従って例のごとく、経過観察で病状の進展をみる、ということになった(まあそうだわな)。次回の経過観察は4か月後である。このような感じで、できる限り治療開始が延期していけば有り難いのだが。どこまで耐えられるか。訓練して鍛えれるものではないので、耐久期間は神のみぞ知るというところである。

 

 

 

 

 

英文解釈教室の進捗

 

 英文標準問題精講を読了したのち、アマゾンポイントでタダ同然で入手した英文解釈教室[改訂版]を毎日数ページづつ進めている。伊藤和夫先生の英文解釈教室は英文標準問題精講と並び、今ほど参考書/問題集の選択肢が多くなかったワシの高校時代における横綱のような存在である。学生時代は当然この本の存在は知っていたがうわさに聞く評判があまりに凄いものだったので手を出さずにいた。そもそも英文標準問題精講も標準という名前に騙されて購入し、早々本棚の飾りになってしまったくらいなのに。

 

 伊藤和夫先生は駿台予備校の重鎮であったが、晩年、旺文社の大学受験ラジオ講座でも英文解釈か英文法かを担当され、高校生だったワシも1年間はラジオを半分寝ながら聞く機会を得た。喋り方に抑揚がなく超単調で思いっきり日本語原稿読みの英語で淡々と話すその様は滅茶苦茶眠気を誘うものであった。内容は当時も今もなにも覚えていない。(YouTubeに講義動画の一部があがっていますね。この喋り方、今聞いても眠たくなるぞ)

 

 英文解釈教室の評判とは、以下のようなものであった。

-あまりの難しさのために大半の学生が途中で挫折する

-この一冊だけしっかりやれば今後出てくる英文で読めない英文はない

-レベルの低い学生(ワシのような)にとってはオーバーワークでここまでやる必要ない。というかできない。

 

 現時点で300ページ強ある英文解釈教室の約半分の150ページまで進んだ。記録によればここまでくるのに2か月を費やした。確かに標準的な高校生にとっては上記評判はその通りで、英語が得意で学習時間の大半を英語に充てる環境でないとこなすのは難しく消化不良を起こしそう。文章構造がムズイ、単語がムズイ、文章内容もそこそこムズイ。英語のプロ翻訳家を目指す人がこの本を使って勉強することもあるようだ。裏を返せばこういったレベル層に対しても学ぶ価値があるくらいの難度の本ということ。

 

 この名著攻略は5合目まで到達した。このぶんだと順調にいってもゴールが見えるのは9月頃かなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルコール飲まなくなった

 この1年でアルコールをほぼ飲まなくなった。禁酒しているわけではないが昨今の事情で外で飲む機会は皆無で、家でも睡眠が浅くなり、次の日に体がだるくなるために自然と飲まなくなったのだ。多分年のせいだ。以前はこんなことなかったのに。

 

 コロナ自粛や若者のアルコール離れに加えて、第3ビールの酒税値上がりもあり、ビール会社は苦戦しているらしい。さらに敢えてお酒を飲まない『ソーバーキュリアス』が海外でブームらしく、お酒を飲まないのはかっこいい、ということになっているらしい。

 

 ところでアルコールは体に良いかどうか議論が最近また話題になっている。一時は飲みすぎはダメだが、適量はむしろ体に良いのだ、酒は百薬の長という論調であったのだが、最近になってアルコール摂取自体が体に害という見解が出てきた。『少量飲酒は体にいい』を否定する論文が2018年にでたのが発端らしいが、確かに少量飲酒は循環器疾患の発症には抑制効果があるようであるが、その他の病気のリスクが高くなるために、トータルとしては飲まないのが一番いいらしい。

 

 現在ワシはビールの代わりに炭酸水をがぶがぶ飲んでいる。非常に安上がりの上、睡眠阻害もない。しかしビール同様にトイレにはすぐに行きたくなるので注意である。

f:id:karesansui50:20210717071428j:plain

さけ