もはやこれまで

隠遁を願うアラフィフ会社員。中学校の卒業文集で将来の夢は”何もしないひと”と書いた。あれから35年、夢も画力も変わっていない。

生命老化のメカニズム

 

 正常な細胞は50〜60回分裂するともうそれ以上分裂しなくなる。このことが生物の老化や寿命を決めているらしい。現時点で人間が120歳以上生存できないという根拠を支持する考えとなっている。


 細胞には分裂回数に制限がある。発見者にちなんでヘイフリック限界とよぶ。回数制限がある理由のひとつは、染色体のテロメア短縮でDNA末端のしっぽテロメアが分解によるDNA複製のたび、塩基配列が短くなっていくという説がある。

 

 ただその一方でがん細胞は無限に分裂増殖できることで知られる。テロメア合成酵素(細胞不死酵素、テロメラーゼという)をがん細胞は悪用しているため分裂制限を受けないためであるという。賢く上手く立ち回ることで既成ルールの回避ルートはあるのだ。

 

 興味深い、まるで人間社会を見ているようである。やはりミクロ世界も人間世界も宇宙世界も事象が自己相似性になっているのかな。

 

 これをヒントに正常細胞がテロメラーゼを使えるようになると無限分裂を繰り返して、永遠の生命が手に入るということだろうか。

 

 尤も永遠の生命が実現すれば、それはそれで困る。確か手塚治虫マンガの題材で身体は機械であるが、脳をチップ化して意識のみ半永遠的に生き続けるというものがあり、死と生の境界定義は一体なんなのだろうと思ったことがある。原理の解明を賢しら人たちに期待する。