もはやこれまで

隠遁を願うアラフィフ会社員。中学校の卒業文集で将来の夢は”何もしないひと”と書いた。あれから35年、夢も画力も変わっていない。

2022-02-11から1日間の記事一覧

徒然第七段 あだし野の露消ゆる時なく

『この世の生物を観ると人間だけが長く生きている。カゲロウやセミはすぐに死ぬ。長生きすると恥をかくことも多い。なので40歳手前で死ぬのが見苦しくない。40過ぎると子供を愛し行く末を見たいと思って長寿を望む。とてもあさましい』という話。 このように…